大型免許を取得する方法とは?

大型免許の特徴と取得方法

大型免許は、大型自動車と、それ以下の普通車や中型自動車を運転することができる免許です。主に物流業界で活躍する大型トラックドライバーなどを目指す人の取得が多い免許ですが、大型免許を取得するためにはいくつかの条件があります。まず、大型免許は21歳以上の人でないと取得できません。また、普通自動車免許を取得してから通算で3年以上経過していることも条件となります。ちなみに、普通免許はAT限定ではなくMT車でなくてはいけません。大型自動車は車両総重量は11トン以上で、最大積載量は6.5トン以上、乗車定員が30人以上のいずれかを満たした自動車を示します。これらのいずれかを満たす自動車に乗る際には必ず大型自動車免許が必要になるので注意が必要です。

大型自動車免許の取得方法

大型免許を取得する方法は、合宿免許と通学免許の2種類があります。合宿免許では、最短で10日足らずで大型免許を取得することが可能です。また、合宿では料金は約20万程度で入校することができます。学生なら長期休暇を利用すれば友人同士で受けることも可能なため、プチ旅行気分を味わえます。反面、社会人で長期休暇を取りにくく入校が困難なことと、自宅から通えないため生活リズムが変動してしまうことなどがデメリットとして挙げられます。通学では料金は25万前後かかり、予約の空き状況によっては中々学科や実技を受けることができなくなる可能性があります。ですが、自分で学科や実技を自分の予定に合わせて通うことができることが利点です。