大型免許で運転出来る自動車とは?

大型免許の取得は主にトラックの運転を目的としている

自動車免許のひとつである大型免許は大別すると一種と二種があります。一種は大型車両の運転に必須な免許であり、大型車両とは総重量が11トン以上で最大積載量が6.5トン以上、または乗員数が30人以上の四輪車を指します。大型トラックやダンプカーなどの車両を運転するには大型一種の免許が必要であり、この免許があれば中型車以下の小型車両の運転も可能です。また、大型二種は路線バスなど商業目的の大型車両を運転するのに必要な免許です。大型免許を取得するには普通免許を取得してから三年以上の運転歴が必要な他、21歳以上という年齢制限もあるのでその点は注意しなければいけません。運送や道路工事など、トラックやダンプカーを使う仕事には必須の運転免許です。

大型免許があれば多くの車両が運転できるが例外もある

現在、トラックを運転するのに必要な免許は複数存在します。これはトラックの大きさによって必要な免許が異なるためですが、大型免許を取得していればトラックと称される車両の多くを運転することが可能です。普通自動車免許を取得して三年以上経過していれば大型免許を取得することができるので、他のトラック関係の免許を順々に取得するのに比べれば支出を低く抑えることができます。配送用の小型トラックから砂利やガレキを搭載できるダンプカーまで、大型免許があれば運転することが可能なのです。しかし、一部の特殊な車両は大型免許があっても運転することはできません。トレーラーはけん引免許、ブルドーザーや大型のトラクターなどは大型特殊免許が必要になります。