中型免許で運転出来る自動車とは?

中型運転免許で運転できる車の条件

自動車運転免許と一概に言っても車の種類によって必要な免許が分かれており、普通・準中型・中型・大型と分かれています。
一般的な車両で中型免許が必要な大きさの車は存在せず、中型免許は主に仕事で大きな車を運転する方が取得する免許となっています。また運送会社等の求人では中型免許が必要となっていることも少なくありません。

中型免許を取得している際に運転できる車の種類は車両総重量が11トン未満で最大積載量6.5トン未満、乗車定員29人以下の車で、具体的にはマイクロバスや4トントラックが該当します。
加えて、中型免許は普通免許と同じように1種、2種と区分が分かれており料金をとって乗客を乗せるには2種免許が必要となります。

運送会社就職を目指すなら準中型免許でも間に合うことが多い

前述したとおり、運転免許の区分には中型の他に準中型も存在しています。準中型と中型の違いは運転できる車の大きさで、準中型のほうが中型よりも運転できる車の大きさは小さくなります。
準中型免許で運転できる車の具体的な条件は車両総重量が7.5トンで最大積載量が4.5トン、乗車定員が10人以下の車となっていて4トントラックは運転できるがマイクロバスは運転できないといった範囲になっています。

準中型免許のメリットは取得するハードルが低いことで、中型免許を取得するためには普通免許を取得してから2年以上経過していることが条件、つまり20歳以上でなければ取得できませんが準中型は18歳以上であれば取得可能となっています。
そのため高校卒業後すぐに運送会社へ就職したいという場合は準中型運転免許の取得がおすすめされます。